ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

ホーム >  防災情報 >  防災行政無線

防災情報

防災行政無線

防災行政無線は、津波警報などの災害時における緊急放送や役場からのお知らせなどを放送します。

転入や転出、転居などの際は、受信機の交付や返却、設定されている地域の変更などの手続きが必要になります。
また、停電時でも緊急放送が受信できるように電池が内蔵されていますので、定期的に電池の残量を確認してください。
なお、受信状況が悪く、放送が聞きづらい場合などは、ご連絡ください。

転入・転出・転居の場合

転入・転出・転居の場合の防災行政無線に関する表
転入 新たに受信機を貸し出します 受信機貸し出し申請書を提出
転出 使用していた受信機を返却してください 受信機の返却
転居 設定されている地域の変更が必要な場合があります ご連絡ください

電池の確認

受信機に内蔵している電池は3年程度で交換が必要になります。
電池の確認方法は、電源コードを抜いて、表面にある電池残量を示す「電池」と書かれた赤いランプが点灯すれば大丈夫です。
ランプが点滅したり、点灯しない場合は、交換が必要です。電池は、表面下側のカバーを開けると収納されています。

防災行政無線のチャイムについて

チャイムは、町民の皆さんの生活リズムの一助になるため、朝は7時30分、昼は12時、夕方は16時30分(春と秋においては17時、夏においては18時)に設定しています。
チャイムの曲については、朝が「とまって音頭」、昼が「木古内賛歌」、夕方が「さようなら夕焼け」です。
「とまって音頭」は、交通安全と町おこしの願いを込め、平成22年に木古内警察署と町民により制作された曲です。
「木古内賛歌」は、昭和57年の町制施行40周年を記念し、町民から詞を募集して制作された曲です。
「さようなら夕焼け」は、平成12年に木古内小学校の児童が音楽の授業で制作した曲です。
どの曲も町とゆかりのある曲となっておりますので、これからもより一層の親しみをもって聞いていただければ幸いです。




  

お問い合わせ

本文ここまで

ここからフッターメニュー

ページの先頭へ戻る