ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

ホーム >  行政情報 >  ふるさと納税 >  木古内町教育基金

行政情報

木古内町教育基金

木古内町教育基金とは

木古内町は、子どもたちの教育の振興や教育環境の充実を図るため、木古内町教育基金条例を制定しました。
この基金は、小・中学校の吹奏楽部に貸し出す楽器の購入費用や、教育施設の改修や教育備品の購入などに活用しています。
木古内町の財政状況は大変厳しく、基金はみなさんの寄附金で運用させていただきます。
みなさんからの寄附という善意を子どもたちのために使用させていただきますので、ご協力をお願いいたします。
また、木古内町教育基金は、寄附をされるとお住まいの市町村の住民税などが軽減されるふるさと納税制度の対象となります。

基金の主な使い道

小・中学校に貸し出す楽器の購入

全道・全国大会に出場している小・中学校の吹奏楽部の支援、その子どもたちが吹奏楽を続けられるよう楽器を購入し、小・中学校の吹奏楽部に貸し出します。

基金の内容

町内外を問わず、どなたでも寄附することできます。
また、寄付金は1口1,000円から何口でも受付いたします(1,000円未満でも受付いたします)。
なお、みなさんからいただいた寄附金の使い道は、毎年公表することとなっています。

寄附の方法

寄附は、現金、口座振込、どちらでもすることができます。
寄附申込書に必要事項を記入をうえ、提出していただくほか、現金、口座振込によって、手続きが違いますので、詳しくは、事前に担当までお問い合わせください。
なお、寄附申込書は、次からダウンロードできるほか、希望される方には、事前にお問い合わせいただいた際にこちらから発送させていただきます。

ふるさと納税制度とは

ふるさと納税制度とは、自分の故郷や応援したい市町村などに寄附を行うことにより、現在お住まいの市町村の住民税などが軽減される制度です。
寄附金のうち、2,000円を超える金額が、個人住民税所得割の1割を上限に所得税と合わせて税額控除されます。
当町では、木古内町教育基金と木古内町まちづくり応援基金がこの制度の対象となります。
なお、寄附金の控除は、翌年の住民税に反映され、確定申告が必要となります。
Get Adobe Reader web logo
PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない場合は、左の"Get AdobeReader"アイコンをクリックしてください。


お問い合わせ

総務課 総務グループ
049-0422
北海道上磯郡木古内町字本町218番地
電話:01392-2-3131
FAX:01392-2-3622

本文ここまで

ここからフッターメニュー

ページの先頭へ戻る