ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

ホーム >  行政情報 >  木古内会 >  釜谷出身の詩人「吉田一穂(よしだいっすい)」の作品を展示しています

行政情報

釜谷出身の詩人「吉田一穂(よしだいっすい)」の作品を展示しています

 釜谷出身の詩人「吉田一穂(よしだいっすい)」の代表作「白鳥」に、同じく釜谷出身のイラストレーター安齋萌(あんざいもえ)さんが挿絵を加えた作品を、釜谷ゆうなぎ館に展示しています。
 この作品は、札幌木古内会会員の西村範明さんが「吉田一穂」を知ってもらおうと安齋さんにお願いし、製作したものです。
 みなさんぜひ作品をご覧にお越しください。

  
   ▲吉田一穂作品展示の様子       ▲安齋萌さんが挿絵を加えた作品「白鳥」
 

吉田一穂について


 明治31年(1898年)木古内町釜谷村の漁師の家に生まれる。(現在の釜谷駅入り口付近)その後、積丹半島の古平町で過ごし早稲田大学に進学するが、実家の没落により大学を中退し、生涯にわたり「白鳥」をはじめとする代表作品を執筆するなど、孤高の天才詩人と呼ばれた。

 

木古内会

本文ここまで

ここからフッターメニュー

ページの先頭へ戻る