HOME>>移住定住情報
生活情報
移住定住情報

木古内町とは 
 木古内町は、北海道の最南端、渡島半島に位置します。
 そのため、北海道では比較的温暖な地域で、津軽海峡をはじめとする豊かな自然に囲まれ、農業、漁業、林業が行われています。
 また、近隣町である函館、江差、松前への分岐点となっているほか、青函トンネルを抜けると北海道最初の駅が設置されています。さらに、平成27年度末に開業予定の北海道新幹線においても、北海道最初の駅が設置されるなど、道南地域の交通の分岐点となります。
 このほかにも、町内サラキ岬沖に眠る、幕末に活躍した帆船「咸臨丸」をテーマとした「きこない咸臨丸まつり」や天保2年(1831年)から続く、厳寒の津軽海峡で神社のご神体を清め、1年の豊漁豊作などを祈願する「みそぎ祭り」など歴史と関連するイベントなども行われます。

町の概要
○人口  4,743人(平成26年3月末)
○世帯  2,379世帯(平成26年3月末)
○面積  221.89㎢
○位置  北緯41度41分、東経140度27分
 

町の気候
○平均気温
  北海道の南に位置しているため、北海道としては比較的温暖な地域です。
  1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平均
気温
(℃) 
 -2.5 -2.0 1.1 6.5 11.0  14.6 18.8 21.4 17.9 11.6 5.3 -0.1

○平均降雨量
  道南地方としては積雪量が多く、特別豪雪地帯に指定されています。
  1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月



(mm)
106.3 80.9 74.7 74.4 86.5 82.6 138.6 166.9 162.3 109.8 124.1 111.1
 

町のアクセス 
 函館市・江差町・松前町の分岐点、北海道と本州を結ぶJR津軽海峡線の北海道最初の駅など、各地にアクセスする交通の分岐点となります。
○車  函館市まで39km(約52分)
    江差町まで50km(約61分)
    松前町まで54km(約64分)
○JR JR江差線、JR津軽海峡線、北海道新幹線(平成27年度末開業予定)
○バス 函館バス(函館方面、松前方面、江差方面)
○高規格幹線道路(木古内IC・平成31年度完成予定)
 

町の生活環境
 木古内町には、金融機関やホームセンター、大型スーパーなどが店舗を構えています。

○銀行1、信用金庫1、郵便局4(簡易郵便局含む)
○ホームセンター2
○大型スーパー2
○コンビニエンスストア5
 

保健・医療・福祉施設
 木古内町は、保健・医療・福祉の町として、みなさんが安心して生活できるように様々な施設があります。

○町立病院1(内科、外科、整形外科、耳鼻科、眼科、婦人科、泌尿器科、小児科歯科)
○診療所2、歯科医院2
○介護老人保健施設1
○特別養護老人ホーム1
○デイサービスセンター1
○認知症高齢者グループホーム1
 

教育・文化・スポーツ活動施設
 教育・文化・スポーツ活動などを支援するため、様々な施設があります。

○保育園2(民間)
○学童保育2(民間)
○小学校1
○中学校1
○郷土資料館(平成26年度オープン予定)
○中央公民館(図書室あり・無料)
○スポーツセンター(無料)
○テニスコート(夜間有料)
○町民プール(平成26年度オープン予定・無料)
○パークゴルフ場(有料)
○鷹取球場(夜間有料)
○スキー場(無料)
 

町の特産品
 豊富な自然を活かし、様々な特産品があります。

○農産物 はこだて和牛、米、長いも、ほうれんそう、ニラなど
○海産物 ホタテ、ひじき、マコガレイ、昆布など
 

姉妹都市
 庄内藩から木古内町に移住が行われたことから、平成元年に山形県鶴岡市と姉妹都市の盟約を結んでいるほか、木古内小学校と山形県鶴岡市の朝陽第一小学校は姉妹校として交流を深めています。
 

町の公共料金等
 木古内町の公共料金などをご確認いただくことができます。
ごみ手数料について 
上水道使用料について 
下水道使用料について
下水道の共用開始区域について
し尿くみ取り料について
土地情報(町有地)について
住宅情報(町営)について
住宅情報(民間)について
※電気料金については、北海道電力(株)のホームページでご確認ください。
 

町の生活支援の状況
種類 制度内容等  担当窓口 

○町内の空き家・土地情報を提供します
 町内における空き家や町有地の情報を移住定住を希望される方に提供いたします。
まちづくり
新幹線課
○町営・民営住宅の情報を提供します
 町内における町営・民営住宅の情報を移住定住を希望される方に提供いたします。
まちづくり
新幹線課
○下水道設置費用を助成します
 既存の住宅を下水道に接続する場合の改造費用を助成します。
建設
水道課
○高齢者等除排雪を助成します
 自力での屋根の雪下ろしや生活用道路の除雪が困難な場合に費用を助成します。
保健
福祉課


○妊婦の方の一般健康診査費用を助成します
 安心して出産することができるように、妊婦の方の健康診査と超音波検査の費用の一部を助成します。
保健
福祉課
○子どもの医療費を助成します
 子どもを安心して育てることができる環境を推進するため、満15歳になる年度の年度末まで医療費を全額助成します。
町民課
○子育ての悩みごとの相談をサポートします
 身体測定や子育てに関する悩み事の相談に応じる育児相談の場を提供します。
保健
福祉課
○育児の交流をサポートします
 屋内外の遊びなどを通じて、親子で楽しむ場や同じ環境の親子のみなさんの交流の場を提供します。
保健
福祉課
○各種予防接種の費用を助成します
 子どもに対する定期予防接種(BCG、ポリオなど)のほかに任意予防接種(水ぼうそう、おたふく)の費用を全額助成します。
保健
福祉課
○インフルエンザ予防接種の費用を助成します
 乳幼児から中学生までのインフルエンザ予防接種の費用を全額助成します。
保健
福祉課
○保育料を軽減します
 保育園に通園している子どもの保育料を軽減します。
町民課
○学校給食費が無料です
 木古内町立学校給食センターが提供する小・中学生の学校給食の無料化を実施しています。
教育
委員会
○教材費を助成します
 小中学生が学校で使用する教材費の保護者負担を一部助成します。
教育
委員会

○健康についての悩み事をサポートします
 健康に過ごすことができるよう心身に関する様々な質問に応じます。
 保健
福祉課
○子どもに食育の機会を提供します
 親子や子ども同士で楽しく料理するとともに、食に関する知識や望ましい食習慣を身につけてもらうために料理教室を開催しています。
保健
福祉課
○風しんワクチン予防接種の費用を助成します
 19歳以上50歳未満の女性及び妊娠している女性の配偶者と同居している家族の予防接種の費用を助成します。
保健
福祉課
○高齢者に運動・交流の機会を提供します
 高齢者の方を対象に体力維持のための運動の機会とともに交流の場を提供しています。
保健
福祉課
○介護に関する様々な悩み事をサポートします
 高齢者のみなさんやその家族、近隣で暮らしている方々の介護に関する悩み、または各種制度に関することなど様々な相談に応じます。
保健
福祉課
○介護用品の購入費用を助成します
 一定の要件を満たす在宅で寝たきりや痴呆にある高齢者に対し、介護に必要な介護用品を助成します。
保健
福祉課
○高齢者の予防接種費用を助成します
 高齢者のインフルエンザ予防接種費用を助成します。
保健
福祉課
○敬老祝い金を支給します
 100歳を迎えられたを対象に敬老祝い金を支給します。
保健
福祉課

○子どもに食育の機会を提供します
 親子や子ども同士で楽しく料理するとともに、食に関する知識や望ましい食習慣を身につけてもらうために料理教室を開催しています。
 保健
福祉課
○子どもに体験学習の機会を提供します
 子どもたちが体験学習を通じて、主体性や創造性を育み、健やかに成長していくよう「無名塾」を開催しています。
 教育
委員会
○高齢者の生きがいづくりの機会を提供します
 60歳以上の方を対象に「リロナイふれあい学園」において、健康ではつらつと暮らせる学びの場を提供しています。
 教育
委員会

○医療機関送迎バス
 町内の医療機関を利用される方を対象に送迎バスを運行しています。 
国保病院 
   

問い合わせ先
 まちづくり新幹線課まちづくりグループ
 TEL01392-2-3131
 窓口時間 平日(年末年始を除く)8:30~17:00

前のページにもどる ページのはじめにもどる
北の大地の始発駅
木古内町
Google WWW を検索 サイト内検索
広報きこない
施設情報
町へ意見・質問
観光情報
北海道新幹線
行政情報
生活情報
KIKONAI TOWN
サイトマップ
当サイトについて
個人情報の保護について
木古内町国民健康保険病院
木古内町議会
リンク集
木古内町介護老人保健施設いさりび
町例規集