ここから本文です。

歴史・文化財

ホーム >  観光情報 >  歴史・文化財 >  埋蔵文化財 >  新道4遺跡

新道4遺跡

木古内川下流の右岸に分布するこの遺跡は、旧石器時代と縄文時代が複合した遺跡で、標高15メートル〜30メートルの緩斜段丘、沖積地に面しています。
出土した土器1
出土した土器2
旧石器時代は、約1万4千年前に営まれた、細石刃文化の石器集中域が発見され、細石刃核の生産、製作に関わる石器の製作跡であることがわかりました。石刃と石核の接合資料が豊富に出土しています。
出土した石器 出土した土偶
縄文時代は、その初め頃から終わりまでの約1万年間、縄文期のほぼ全期間にわたり、人々が営為をこの地で繰り返してきたことがわかりました。縄文各時期における多数の竪穴住居や遺物、土器捨て場、巨大な柱穴群や火災に見舞われた住居など、それぞれに特徴があります。
特徴的な遺物として、赤漆塗りの漆器や石斧の柄、丸木の半割材などの木質遺物をはじめ、サメの歯、シカ、イノシシの骨やクジラ骨の加工品、足形付きの土版や鐸形の土製品、翡翠(ひすい)製の玉、土偶、石刀などが出土しています。 

お問い合わせ

生涯学習課 社会教育グループ
電話:01392-2-2224

本文ここまで

ページの先頭へ戻る