ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

ホーム >  暮らしの情報 >  健康・福祉 >  木古内町介護老人保健施設いさりび >  「介護老人保健施設 いさりび」と「特別養護老人ホーム 木古内恵心園」が経営統合

暮らしの情報

「介護老人保健施設 いさりび」と「特別養護老人ホーム 木古内恵心園」が経営統合

 町では平成30年4月より「介護老人保健施設 いさりび」と「特別養護老人ホーム 木古内恵心園」を経営統合し、新たに「木古内町特別養護老人ホームいさりび」を開設します。
 

1 新たに開設する施設  

名  称

木古内町特別養護老人ホーム いさりび

種  別

①介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)

②短期入所生活介護(ショートステイ)

利用定員

①特別養護老人ホーム 80

②ショートステイ    8人

運営主体

木古内町(木古内町病院事業)

平成30年4月1日

住  所

木古内町字本町704

電  話

01392-2-5700

建物は、現在の「介護老人保健施設 いさりび」と同じです。

 

2 これまでとの主な変更点

(1)施設サービス

   現在開設している「介護老人保健施設 いさりび」及び「特別養護老人ホーム 木古内恵心園」は、平成30年3月31日で廃止となります。

   この2施設に代わって、平成30年4月1日から、「特別養護老人ホーム いさりび」を新たに開設します。

新たな施設は、これまでの定員50人(木古内恵心園)から定員80人と、定員が30人増えます。また、ショートステイも、定員2人(木古内恵心園)から定員8人となり、定員が6人増えますので、利用しやすくなります。

(2)在宅サービス

   現在、「木古内恵心園」で開設している通所介護(デイサービス)は、平成30年3月31日で廃止となります。

   なお、「いさりび」で実施している通所リハビリテーション(デイケア)は、継続して開設します。これまで、週5日(月~金)の開設でしたが、デイサービスの廃止に対応するため、土日も含めた通年の開設(年末年始を除く)とします。
 

3 新たなサービスの利用

(1)施設サービス

   平成30年4月1日から新たな特別養護老人ホームに入所される方については、町及び施設などの関係者で構成する入所判定委員会により、既に決定しております。

   なお、今後入所を希望される方については、新たな「特別養護老人ホーム いさりび」又は担当のケアマネージャーへご相談ください。

(2)在宅サービス

   現在、「いさりび」と「木古内恵心園」を利用されている方については、4月以降の利用日については調整済みで、担当のケアマネージャー及び本人・家族へ連絡されています。

 新たにサービス利用を希望される方については、担当のケアマネージャーにご相談ください。

 

4 新しい特別養護老人ホームの利用料金

  新たに開設する「特別養護老人ホーム いさりび」は、全室個室となるため、現在の「木古内恵心園」(多床室で運営)と比較すると、利用料金が高くなります。
 
このため、町では、低所得の方に対する利用者負担軽減制度を新たに実施します。

【低所得の方に対する利用者負担軽減制度】

(1)対象者

   市町村民税世帯非課税であって、以下の要件の全てを満たす方のうち、生計が困難として町が認めた方及び生活保護受給者。

①年間収入が単身世帯で150万円以下
(世帯員が1人増えるごとに50万円を加算)

   ②預貯金等の額が単身世帯で350万円以下
(世帯員が1人増えるごとに100万円を加算)

③日常生活に供する資産以外に活用できる資産がないこと。

④負担能力のある親族等に扶養されていないこと。

⑤介護保険料を滞納していないこと。

(2)軽減の対象となる費用

   利用者自己負担額(1割相当分)、食費、居住費、宿泊費

(3)軽減の程度

   利用者負担の1/4(老齢福祉年金受給者は1/2)



お問い合わせ

木古内町特別養護老人ホームいさりび
049-0422
北海道上磯郡木古内町字本町704
電話:01392-2-5700


本文ここまで

ここからフッターメニュー

ページの先頭へ戻る