ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

ホーム >  暮らしの情報 >  健康・福祉 >  健康・保健 >  新型コロナウイルス感染症について(6月19日更新)

暮らしの情報

新型コロナウイルス感染症について(6月19日更新)

 国内外で依然として、猛威をふるっている新型コロナウイルス感染症について、道では、「北海道感染症危機管理対策本部」を設置し、道民の皆様の安全・安心の確保に向け、感染症の拡大防止対策に取り組んでいます。
 町民のみなさまにおかれましては、落ち着いて行動していただき、感染症まん延防止に向け、「3つの密」を徹底的に避け、感染を予防する「新しい生活様式」の実践など、「新北海道スタイル」の構築に取り組んでいただきますよう、お願いいたします。  

●6月以降の段階的緩和等について 令和2年6月18日発表PDF(163.02 KB)

●「新しい生活様式」PDF(301.63 KB)
●「新北海道スタイル」PDF(473.13 KB)
 

「新しい生活様式」における熱中症予防行動

 これから夏を迎えるにあたり、気温・湿度が高い中でマスクを着用すると、熱中症のリスクが高くなります。十分な感染症予防を行いながら、例年以上に注意を払い、熱中症を予防しましょう。特に高齢者、子ども、障害のある方々は、熱中症になりやすいので十分ご注意ください。

●「新しい生活様式」における熱中症予防行動のポイントPDF(778.22 KB)
 

予防方法

「咳エチケット」や「手洗い」等、通常の感染症対策を行うことが重要です。
※咳・くしゃみ・鼻水などの症状があるときは、必ずマスクをする。手洗いはこまめに行い、特に鼻をかむ、咳やくしゃみを手で押さえるなどした後は、よく手を洗う。手指消毒も有効。
 風邪症状があれば、外出を控えていただき、やむを得ず、外出される場合にはマスクを着用していただくよう、お願いします。
●新型コロナウイルスを防ぐには(令和2年5月13日改訂版)PDF(159.64 KB)
<正しい手の洗い方>
<咳エチケット>

正しい手洗いの方法やマスクの付け方については、下記の動画もあわせてご参照ください。
<正しい手洗いの方法>

<正しいマスクの付け方>
 

集団発生の防止

 集団感染の共通点は、特に、「換気が悪く」、「人が密に集まって過ごすような空間」、「不特定多数の人が接触するおそれが高い場所」です。
換気が悪く、人が密に集まって過ごすような空間に集団で集まることを避けてください。
●3つの密を避けましょう!PDF(1.22 MB)
●3つの密を避けるための手引き!PDF(1.36 MB)
●「密閉」「密集」「密接」しない!PDF(932.41 KB)
 

相談・受診の目安

1.相談・受診の前に心がけていただきたいこと

○発熱等の風邪症状がみられるときは、学校や仕事を休み、外出を控えましょう。
○発熱等の風邪症状がみられたら、毎日、体温を測定して記録しておきましょう。
○基礎疾患(持病)をお持ちの方で症状に変化がある方、新型コロナウイルス感染症以外の病気が心配な方は、まずは、かかりつけ医等に電話でご相談ください。
 

2.帰国者・接触者相談センター等にご相談いただく目安

少なくとも以下のいずれかに該当する場合には、すぐにご相談ください。
 (これらに該当しない場合の相談も可能です。
 ☆息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状のいずれかがある場合
 ☆重症化しやすい方(※)で、発熱や咳などの比較的軽い風邪症状がある場合
 (※)高齢者、糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD等)等の基礎疾患がある方や透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方
 ☆上記以外の方で発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続く場合
 (症状が4日以上続く場合は必ずご相談ください。症状には個人差がありますので、強い症状と思う場合にはすぐに相談してください。解熱剤などを飲み続けなければならない方も同様です。)

○相談は、帰国者・接触者相談センター(地域により名称が異なることがあります。)の他、地域によって、医師会や診療所等で相談を受け付けている場合もあるので、ご活用ください。

(妊婦の方へ)
 妊婦にの方については、念のため、重症化しやすい方と同様に、早めに帰国者・接触者相談センター等にご相談ください。

(お子様をお持ちの方へ)
 小児については、小児科医による診察が望ましく、帰国者・接触者相談センターやかかりつけ小児医療機関に電話でご相談ください。

※なお、この目安は、国民のみなさまが、相談・受診する目安です。これまで通り、検査については医師が個別に判断します。
 

3.医療機関にかかるときのお願い

○複数の医療機関を受診することにより感染を拡大した例がありますので、複数の医療機関を受診することはお控えください。
○医療機関を受診する際にはマスクを着用するほか、手洗いや咳エチケット(咳やくしゃみをする際に、マスクやティッシュ、ハンカチ、袖・肘の内側などを使って、口や鼻をおさえる)の徹底をお願いします。
 

関連リンク

最新情報等、北海道公式ホームぺージ及び厚生労働省公式ホームページをご覧ください。
北海道公式ホームページ(新型コロナウイルス感染症に関する情報)
厚生労働省公式ホームページ(新型コロナウイルス感染症について)
Get Adobe Reader web logo
PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない場合は、左の"Get AdobeReader"アイコンをクリックしてください。


お問い合わせ

保健福祉課 保健推進グループ

本文ここまで

ここからフッターメニュー

ページの先頭へ戻る