ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

ホーム >  暮らしの情報 >  産業 >  商工労働 >  道特別支援金Bについて

暮らしの情報

道特別支援金Bについて

 北海道は、4月以降、まん延防止等重点措置や緊急事態措置に伴う道の要請などにより、影響が及んでいる幅広い事業者に対する支援として、休業・時短等の協力支援金や国の月次支援金の対象とならない方々(前年または前々年同月比30~50%未満減少)を対象に、「道特別支援金」に別区分の一時金(「道特別支援金B」)を設けました。
 対象となる事業者や、支援金についてはこのページの通りとなりますのでご確認ください。
 

対象

注意:この支援金制度は国の月次支援金制度を利用出来なかった事業者のための支援金制度です。国の支援金制度を利用出来るかどうか、今一度ご確認ください。
※国の支援金制度はこちら

①または②のどちらかに該当し、さらに③に該当する事業者が対象となります。

時短対象飲食店等との取引がある事業者
※農漁業者、飲食料品、割箸、おしぼりなど、飲食業に提供される財・サービスの供給者

外出・往来の自粛要請等による影響を受けた事業者
※旅館、土産物屋、観光施設、タクシー事業者、札幌市以外や昼間営業の飲食店等の人流減少の影響を受けた事業者


2021年4月から2021年7月の期間のうち、いずれかの月で月間事業収入が前年同月または前々年同月と比較して30%以上50%未満減少した月があること
※1 売り上げを前年と比較できない方々への特例措置も実施


 

申請方法

 申請方法には「WEB申請」と「郵送申請」の2通りがあります。

○WEB申請
 道特別支援金のサイトでお申し込み下さい

○郵送申請
 下記書類を印刷して、必要書類とともに事務局まで郵送して下さい
 申請書PDF(315.10 KB)(PDF)
 誓約・同意書PDF(136.75 KB)(PDF)

※「申請の手引き」は木古内町役場で配布しています。

保存しておく書類・データ

 本制度では、時短対象との取引や外出・自粛要請等による影響を受けたことを示す書類を、申請者自身で保存して頂きます。申請時に提出は不要ですが、道や事務局より提出の求めがあった場合にはご提出をお願いいたします。

 保存書類 表紙PDF(905.77 KB)(PDF)

○人流減少に関する統計データ(V-RESAS)
 下記からデータをダウンロードし、紙か電子データで保存していただくようお願いいたします。

 渡島総合振興局の人流減少のデータPDF(136.44 KB)(PDF)
 

郵送先

 〒060‐8407 北海道特別支援金事務局

※住所の記載は不要です。
※簡易書留や一般書留、レターパックプラス(郵便物の追跡ができ、配達時に受取確認される方法)で郵送して下さい。
※料金不足のものについては、受取が出来ないため返却となります。
 

受付期間

 2021日から930日まで
 

給付額

 中小法人等   上限10万円
 個人事業者等  上限5万円
 
 

詳細・お問い合わせ

 手続き等にわからないところがございましたら、道特別支援金の公式サイトをご覧ください。

http://www.pref.hokkaido.lg.jp/kz/csk/tokubetsushienkin/01top.htm
 
Get Adobe Reader web logo
PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない場合は、左の"Get AdobeReader"アイコンをクリックしてください。


お問い合わせ

産業経済課 産業経済グループ
049-0422
北海道上磯郡木古内町字本町218番地
電話:01392-2-3131
FAX:01392-2-3622

本文ここまで

ここからフッターメニュー

ページの先頭へ戻る