ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

ホーム >  暮らしの情報 >  生活・環境 >  ごみ >  ごみの出し方と分別

暮らしの情報

ごみの出し方と分別

分別の種類

木古内町では、ごみは次のとおり分別されます。
ゴミの分別の表
種類 収集回数 出し方 料金
燃やせるごみ 週2回 青色の袋 45リットル(47円)10枚入(470円)
20リットル(21円)10枚入(210円)
燃えないごみ 月1回 黄色の袋 45リットル(47円)10枚入(470円)
20リットル(21円)10枚入(210円)
カン 月2回 緑色の袋 30リットル(31円)10枚入(310円)
ビン・ペットボトル 月2回 オレンジの袋 30リットル(31円)10枚入(310円)
その他のプラスチック 月2回 無色の袋 30リットル(31円)10枚入(310円)
紙類 月2回 緑色(資源ごみ用)のシール 10キログラムに1枚(31円)
5枚セット(155円)
粗大ごみ  月1回 黄色(粗大ごみ用)のシール 10キログラムに1枚(31円)
5枚セット(155円)

分別ごとの注意事項

分別ごとの注意事項の表
種類 内容 注意事項
燃やせるごみ  生ごみ、皮・ゴム製品、木・板の切れ端、おもちゃ・ポリバケツ等のプラスチック製品、紙くず(資源ごみにならないもの) 
  • 生ごみは、十分水切りをしてから出しましょう
  • 袋にごみを詰めすぎないように注意しましょう
  • 資源にごみに分別されるものがないか確認しましょう
燃えないごみ せともの、資源ごみにならないガラス製品や金属製品など 
  • スプレー缶は、穴を開けて出しましょう
  • 割れたせともの、ガラス、ビン刃物は危険ですので、必ず厚紙に包んで出しましょう
  • 資源ごみに分別されるものがないか確認しましょう
カン スチール缶、アルミ缶、お茶葉の缶、クッキーの缶など(スチール・アルミの表示のあるもの) 
  • 中身を空にして、すすいで出しましょう
  • ラベルははがしてください
ビン・
ペットボトル  
主なビン(ふたの取れないビンや化粧品のビンは除く)、ペットボトル(ふたを取り除き、ペットの表示があるもの)
  • キャップを取って、すすいで出しましょう
その他のプラスチック お菓子の袋、ポリ袋、ラップ類、カップ麺のカップ、トレイ、フタ、発泡スチロール、ペットボトルのふたなど(プラの表示のあるもの) 
  • 汚れを洗ってから出しましょう
  • ペットボトルのふたなど小さいものは、スーパーの袋などに入れて出しましょう
紙類 紙パックは、牛乳やジュースのパックなど
  • 洗って紙パックをひらいてからひもで縛って出しましょう
ダンボールは、すべてのダンボール
  • ひもで縛って出しましょう
古紙は、新聞、雑誌、本など
  • ひもで縛って出しましょう
その他の紙は、紙箱、紙袋、紙製のカップ、包装紙、台紙など
  • その他の紙だけを縛り、小さい物は紙袋に入れて出しましょう
粗大ごみ 燃える粗大ごみは、木製家具、ふとん、じゅうたん、衣類、座布団、タオルケット、スポンジマットなど
  • できるだけ解体し、ひもで束ねてください
  • 庭木などの長いものは1メートル以内に切断してください
  • 町指定袋以外の半透明の袋に入れて、粗大ごみ処理券をはって出してください
燃えない粗大ごみ
  • ドラム缶、ホームタンク、石油ストーブなどは、油を抜いてから出してください

収集できないごみ

収集できないごみの表
内容 処理方法
事業活動で発生するごみ 事業等により発生するごみは、各自で責任をもって処理することとなっています
農・漁業生産活動用廃棄物(農機具・漁具等)、各種工作機械、廃タイヤ、消火器、ガスボンベ、バッテリー、ワイヤー類、バイク、パソコン、灰や土など(その他にもありますので、お問い合わせください) 購入元や専門業者などに問い合わせてください
テレビ、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機、エアコン 家電リサイクル法により、家電小売店が有料で引き取ります


お問い合わせ

町民課 住民グループ
049-0422
北海道上磯郡木古内町字本町218番地
電話:01392-2-3131
FAX:01392-2-3622

本文ここまで

ここからフッターメニュー

ページの先頭へ戻る