ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

ホーム >  暮らしの情報 >  生活・環境 >  火災・救急 >  消防車・救急車を呼ぶとき

暮らしの情報

消防車・救急車を呼ぶとき

消防署・救急車を呼ぶときの手順の表
手順 内容
 119番に電話
(携帯電話の場合は、最寄りの消防本部に繋がりますので、「木古内町から通報しています」と告げると木古内消防署に転送されます)転送時間がかかりますので、一般電話から通報するか、木古内消防署の一般電話(電話 01392-2-2058)に通報してください。)
2 電話がつながると「火災か救急」か確認しますので、状況を伝える
火災の場合
何が燃えているか(家や車など)
逃げ遅れた人がいる
ケガ人がいる
救急の場合
急病やケガ、交通事故などの状況
年齢、性別、どこが痛いか? 反応はあるか?
事故の場合は、事故概要
3 発生場所を伝える
(木古内町字○○△番地、または○○の付近など)
4 通報者は、必ず氏名と電話番号を伝える
(要請内容により、消防署から連絡する場合があります)
5 消防車・救急車が出動します
(救急車を要請した後は、その場を離れず、携帯電話の場合は、電源を切らないでください)

こんな利用はやめましょう

救急車を本来の目的以外に使用される方がいます。本当に緊急を要する方のために、次のような場合の利用はやめましょう。
  • 緊急性のない119番通報
  • 入院のためのタクシー代わりの救急要請
  • 災害の発生場所の把握など
(注)119番は、緊急通報専用電話です

119番通報による災害情報の提供は行っておりません。
消防車のサイレンが聞こえると、119番での問合せが多数発生しますが、
119番は、緊急通報専用電話です。
緊急通報以外には、使わないようにお願いします。

火災や救助など、管内で発生している災害情報は、テレホンサービスでお知らせしています。
テレホンサービス 電話 01392-2‐4444
(注)サービスを利用するにあたり、通話料がかかります。

本文ここまで

ここからフッターメニュー

ページの先頭へ戻る