HOME>>北海道新幹線>>新幹線木古内駅デザイン>>新幹線木古内駅デザイン選定
新幹線木古内駅の駅舎デザインを高校生が「B案」に選定!!

 駅舎デザインについては、町が設置した「駅舎コンセプト作成委員会」で検討し、平成22年3月に「波と森のプロムナード〜北の交流発進地」と決定。平成23年1月に鉄道・運輸機構へ木古内町駅舎のコンセプトを要望しました。
 このたび、同機構から北海道新幹線木古内駅の駅舎デザイン案3案の提示がありました。
 この中から1案を選定するにあたり、今春閉校となる木古内高校全生徒15人に選んでもらい、「B案」を町の意向に決定。
 高校生は、「デザインが良い」「周りの駅にはないデザインでインパクトがある」「デザイン内容の中で”小さな幸せの連なりがいつまでも続いていく”というフレーズが私たちがどこかで繋がっているという木古内高校最後の生徒のイメージとあっている」など選定した理由を話していました。
 
※各案のデザインコンセプトは、各デザイン図をクリックしてご覧下さい。 
選定した木古内駅デザイン B案 選定している様子
 北海道新幹線木古内駅デザインB案 選定している様子
 
 木古内駅デザイン A案  木古内駅デザイン C案
 北海道新幹線木古内駅デザインA案  北海道新幹線木古内駅デザインC案
       
駅舎デザイン検討の経緯  
 2010年3月 北海道新幹線木古内駅舎コンセプト策定委員会よりコンセプト
          の提言
 
 2011年1月 同機構に木古内駅舎デザインコンセプト要望書を提出  
 2012年1月 同機構からデザイン案3案が提示となる  
 2012年1月 木古内高校生木古内駅デザイン選定  

 

前のページにもどる ページのはじめにもどる
北の大地の始発駅
木古内町
広報きこない
施設情報
町へ意見・質問
観光情報
北海道新幹線
行政情報
生活情報
KIKONAI TOWN
サイトマップ
当サイトについて
個人情報の保護について
Google WWW を検索 サイト内検索
木古内町国民健康保険病院
木古内町議会
リンク集
木古内町介護老人保健施設いさりび
町例規集