ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

木古内町観光協会 > イベント > 寒中みそぎまつり(1月上旬頃)

寒中みそぎまつり(1月上旬頃)

厳寒のなか、今に伝える若者たちの悠久の祈り

第188回寒中みそぎ祭り

北海道新幹線木古内駅開業二周年・北海道150年応援企画
寒中みそぎフェスティバル2018

平成30年1月13~15日開催・・・・多数ご来場下さい!! 第188回寒中みそぎ祭りポスター
第188回寒中みそぎ祭りは平成30年1月13~15日身も凍る厳寒の中で選ばれし四人の若者が昼夜ない鍛練(水ごり)に耐えてご神体を潔めて行われます。

寒中みそぎフェスティバル2018はみそぎの荘厳さに加えて美味しさと楽しさいっぱいの様々なイベントをお楽しみいただきます。
木古内へみそぎ祭りへお誘い合わせておいで下さい。

第188回寒中みそぎ祭りの選ばれし行修者

別当

別当 新井田真一
新井田真一
19才 ?会社員
玉依姫命(たまよりひめのみこと)
佐女川神社の主祭神で、初代神武天皇の母。
御利益:海上安全・交通安全・縁結び・安産

稲荷

稲荷 加藤之康
加藤之康
20才 ?会社員
宇迦御魂神(うがのみたまのかみ)
お稲荷様として知られている商工業・農業の神。
御利益:商売繁盛・子孫繁栄・五穀豊穣・学業成就

山の神

山の神 平野大心
平野大心
16才 高校生
大山津見神(おおやまづみのかみ)
大山に住むといわれ、山を司る神。
樹木を司る・開運 美人の守り神

弁財天(新行修者)

弁財天 石川 将
石川 将
20才 ?公務員
弁財天は七福神の中でただ一人の女性の神。一般的に弁天様といわれる。
学芸と技能の神 財福の神

寒中みそぎフェスティバル2018 イベントプログラム

第188回寒中みそぎ祭り・寒中みそぎフェスティバル2018 プログラム
寒中みそぎ祭りで・・・・『はこだて和牛とグルメ魅了フェア・物産フェアJPG(199.84 KB)』開催!!
?

第17回寒中みそぎフォトコンテスト

要項・応募用紙PDF(620.33 KB)

新幹線開業二周年・北海道150年をを記念して1500発の花火を打ち上げ!!

冬花火の舞JPG(334.46 KB)
寒中みそぎ パンフレット

★詳細は木古内町観光協会へお尋ね下さい★

北海道上磯郡木古内町字本町527
電話 01392-6-7357
携帯 090-6521-1616
FAX 01392-6-7358

WA☆DAフォトギャラリーサイト感動写真集で寒中みそぎ祭りが素晴らしい写真と音楽で紹介されています。ぜひともご覧下さい。
WA☆DAフォトギャラリー

昨年の寒中みそぎ祭りアラカルト

1月13日

昨年の寒中みそぎ祭りアラカルト 1月13日

1月14日

昨年の寒中みそぎ祭りアラカルト 1月14日

1月15日

昨年の寒中みそぎ祭りアラカルト 1月15日
Get Adobe Reader web logo
PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない場合は、左の"Get AdobeReader"アイコンをクリックしてください。

本文ここまで

ここからフッターメニュー

ページの先頭へ戻る