ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

木古内町観光協会 > みどころ > 咸臨丸の歴史を語る風景

咸臨丸の歴史を語る風景

サラキ岬には、咸臨丸の栄光と悲劇の14年の軌跡とそしてその終焉を物語る様々なモニュメントがあり、訪れる人々に140年の時空をこえて語りかける歴史の風景があります。

咸臨丸最後の航路・・・しかし咸臨丸の最後については多くの謎が残されている。
咸臨丸最後の航路マップ

咸臨丸モニュメント

咸臨丸のモニュメントの写真
咸臨丸の姿をを模した約五分の一のモニュメント。
2007年5月、町内外の多くの方々の咸臨丸への熱い思いによって製作されました。
咸臨丸のモニュメントの写真
「サラキ岬に蘇った咸臨丸」と評されるように自らが眠るサラキ岬の中央に堂々とその雄姿を見せています。

咸臨丸終焉記念碑

咸臨丸終焉記念碑の写真
咸臨丸の偉業を讃え、その功績を後世に伝えるために、2006年5月、設置されました。
咸臨丸終焉記念碑の「咸臨丸に捧げる詩」の写真
太平洋横断時の乗組員・濱口興右衛門子孫により「咸臨丸に捧げる詩」が刻まれ、その歴史を今も語り継いでいます。

咸臨丸史跡看板

咸臨丸史跡看板の写真
咸臨丸の歴史と明治4年9月ここサラキ岬で沈んだ経緯を記した史跡案内図が2005年5月に設置されました。
咸臨丸史跡看板(裏面)の写真
裏面には、咸臨丸最後の乗船者となった、仙台白石片倉小十郎家臣団401名の氏名が記されています。

本文ここまで

ここからフッターメニュー

ページの先頭へ戻る