ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

ホーム >  暮らしの情報 >  生活・環境 >  防犯・交通 >  山菜採りによる事故を防ぐために >  山菜採りによる事故を防ぐために

暮らしの情報

山菜採りによる事故を防ぐために

山菜採りによる事故を防ぐために


山菜採りが盛んな季節になってきました。
普段登りなれている山でも、一面に広がっている山菜に夢中になると、思わぬ危険が潜んでいるかもしれません。
下記の5点に注意し、木古内町で山菜採りを楽しんでください。
(以下木古内警察署みそぎ4月号を参照しています。)

 

1.行き先を家族に伝えましょう

出掛ける際は、必ず家族に目的地や帰宅時間を伝えましょう。
 

2.無理に山奥に入らないようにしましょう

山は景色も変わらず、距離感をつかむことも困難なため、山菜を求めるあまり奥に進んでしまうことがあります。
遭難の原因となりますので、無理をしない程度に入山しましょう。

 

3.単独での入山は控えましょう

新型コロナウイルス感染症の影響により、人と人との距離を保つ現在ですが、登山や山菜採りに関しては必ず複数人で行いましょう。
 

4.目立つ色の服装で入山しましょう

同行者・家族などがわかるように明るい服装で入山しましょう。
また、遭難した場合に捜索をされる方がわかりやすく、早期発見にもつながる可能性があります。

 

5.携帯電話やホイッスルを持ちましょう

緊急事態発生時に速やかに連絡が取れるように携帯電話、居場所を周囲に知らせられるような、ホイッスルなどの音が出る物(できるだけ音量が大きい物)を持ち入山しましょう。

関係機関リンク先

山菜採りの際の注意喚起(北海道警察本部地域企画課)

山岳遭難・山菜採り遭難に注意しましょう(北海道渡島総合振興局地域創生部地域政策課) 

道有林入林の際の注意喚起 (北海道渡島総合振興局東部森林室)

ヒグマの出没情報について(木古内町)
 



お問い合わせ

木古内町役場

山菜採りによる事故を防ぐために

本文ここまで

ここからフッターメニュー

ページの先頭へ戻る