ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

ホーム >  暮らしの情報 >  手続き >  国民健康保険 >  セルフメディケーションについて

暮らしの情報

セルフメディケーションについて

セルフメディケーションとは

 平均寿命が長くなった現代、いかに毎日を健康的に生きるかが、幸せな生活を送る上でも重要になってきます。そこで注目されているのが「セルフメディケーション」であり、これは「自分自身の健康に責任を持ち、軽度な身体の不調は自分で手当てすること」を意味しています。

OTC医薬品を上手に活用する

 健康寿命を延伸するためには、自分自身の身体は自分自身で管理しなければなりません。
 しかし、現代人は日々の忙しさから、頭痛や風邪などの体調不良を引き起こすこともあります。そんなときは、OTC医薬品を上手に活用して、自らセルフメディケーションを図っていきましょう。具体的には、風邪が重症化する前に風邪薬を飲む、小さな切り傷に絆創膏を貼るなどが考えられます。

OTC(Over The Counter)医薬品とは

 一般医薬品及び要指導薬品のうち、医療用から転用された医薬品のことで、薬局やドラックストアなどにおいて処方箋なしに購入できる医薬品のことです。

セルフメディケーション税制について

 セルフメディケーション税制とは、健康の維持増進及び疾病の予防への取り組みとして「一定の取組」を行う個人が、平成29年1月1日以降に、OTC医薬品を購入した際に、その年中に支払った合計金額が1万2千円を超える場合には、その超える部分の金額について、所得控除ができるものです。

【適用期間】
 平成29年1月1日~令和3年12月31日までの5年間

 その他、セルフメディケーション税制の詳細については厚生労働省ホームページをご覧ください。

関連リンク

 厚生労働省ホームページ〈外部リンク〉(セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)について)
 
  

お問い合わせ

町民課 住民グループ
049-0422
北海道上磯郡木古内町字本町218番地
電話:01392-2-3131
FAX:01392-2-4442

本文ここまで

ここからフッターメニュー

ページの先頭へ戻る