ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

木古内町観光協会 > みどころ > 咸臨丸の眠るサラキ岬

咸臨丸の眠るサラキ岬

歴史と自然が誘う道南の新たな交流観光拠点

激動の幕末維新に栄光と悲劇の軌跡を残した咸臨丸が今も眠る・・・歴史への誘い
五万球のチューリップに彩られ、遥かなる時をこえて咸臨丸が今に蘇る・・・自然への誘い? 咸臨丸とサラキ岬に夢みる会が、国土交通省『手づくり郷土賞』受賞
詳細は
海から見たサラキ岬の画像咸臨丸の眠るサラキ岬をご紹介します
帆船型の大型看板の写真
この帆船型の大型看板が目印です。
サラキ岬のイメージポスター画像
咸臨丸が眠るサラキ岬のイメージポスター

サラキ岬の咸臨丸の写真
百数十年の時の流れを超えてサラキ岬に蘇った咸臨丸

サラキ岬へのアクセスマップ

サラキ岬へのアクセスマップJPG(703.10 KB)
※クリックすると拡大されます。

木古内駅より国道228号線を函館方面へ車で約20分
アクセスマップ
Get Adobe Reader web logo
PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない場合は、左の"Get AdobeReader"アイコンをクリックしてください。

本文ここまで

ここからフッターメニュー

ページの先頭へ戻る